いよいよ2020年、オリンピックイヤーが幕開けしました。

いよいよ2020年、オリンピックイヤーが幕開けしました。自身には、全く無縁の世界ですが、何となく明るいニュースが増えそうでワクワク感はあります。
世界情勢を見ると、一触即発の危機を孕んでの幕開けですので、何とか平和的な解決へと向かうことを願うばかりです。
2019年は、ラグビーのワールドカップでの日本チームの大健闘で日本中が沸き上がりました。もともとはサッカーファンの院長も、昨年ばかりは“俄かラグビーファン”の仲間入りで盛り上がっておりました。
院長にとっても、2019年はメディカ出版発行の雑誌「糖尿病ケア」へのコラム記事を開始し、先日1年間の連載の最終稿と投稿し終了いたしました。(図1)

糖尿病ケア
メディカ出版

これは、2018年末に発刊しました書籍「Drサトーの糖尿病療養指導 心得7ヶ条」の延長線上で、連載させて頂いたものです。(図2)

糖尿病ケア
Dr.サトーの糖尿病療養指導 心得7ヶ条: ピンチをチャンスに変える珠玉の贈り物
メディカ出版

また、10月からは、短い時間ですが予約制の診療を再開し、副院長との併診体制もとれるようになりました。
さらに、医師や看護師などの医療関係者対象の講演もいくつか行いましたが、一般の方々向けへのメッセージ用にと、ホームページを更新し、この「院長のつぶやき」コーナーを設けさせていただきました。
不定期ですが、時々更新しますので、お時間のある時に是非覗いてみてください。

関連記事

  1. 新型コロナに関して①